« あ | トップ | ブログニューバージョン »

2006年07月31日

タイムスリップ

またまた遅れた分
昨日は遅くまで頑張りましたが、今日三十一日は五時四十五分早起きです。

六時半からの夏休み恒例のラジオ体操が、東急ストア前の広場で繰り広げられています、毎日参加していたお母さんは、今朝は参加出来ません、カンボジアに出発の朝です。
根岸駅を六時五十分、横浜駅七時二十六分の成田エキスプレス、九時二分には予定通り成田空港、第二ターミナル三階ベトナム航空の窓口で、搭乗手続きを済ますことが出来ました。心配していた窓口の混雑もなくスムースな出国の手続きが終わりました。

八十二番搭乗口はさほど混雑もなく予定通りの時間に搭乗開始です。ベトナムのホーチミンまで四時間のフライトです。いつもの三分の一ほどの時間ですからあまり苦にならないうちにホーチミンへ到着です。タラップから降りて、今乗ってきた飛行機をバックに空港関係者の方がシャッターを押してくれました。ベトナムの人の最初の親切に出会えました。


国際空港の乗り継ぎはいつでも、やっぱり大変です。カンボジアプノンペンへの飛行機は三時間ほどの待ち時間がありました、搭乗口は九番ゲートから今度の飛行機はプロペラ機です。プロペラ機は少し心細いですが、百人ほどのお客様が乗っています。

機内でカンボジアの入国票が配られ、パスポートを見ながら分かるところだけ書き込み、隣の席の男性からのアドバイスを受け、もう少しと言うところで一時間弱のプノンペン飛行場への着陸態勢で中断です。

上空からのプノンペン周辺は、川が蛇行していて茶色の水があふれている様子がよくわかりました。スムースな着陸後、いよいよ入国の審査、書類の未記入部分に目を通しても、いよいよ分からない部分だけが残り、SOS。場内関係者に声をかければボールペンをとってチケットとパスポートを覗き込み二人分をサラサラと代筆、残すはサインのみ、またまた助けてもらいました。


入国の審査も無事に済み安堵したところで荷物ゲートを覗けば、迎えに来ていた娘の旦那がすでに荷物をカートに乗せてニコニコ待機していてくれました。
荷物の最終チェックでも書類の不備は娘の旦那が確認をしてくれ、難なく荷物もパス、すべての審査を受け入国することが出来ました。ゲートを出て娘と再会、無事にカンボジアはプノンペンに到着した実感が湧きました。

娘達の住まいは飛行場から一時間ほどのところのホテルの一室を借りて生活をしていました。あたりが暗くなっているのでよく分かりませんが、やっぱり五〇年ぐらいタイムスリップしたような感じがあります。
(写真アップが出来ません、取り合えず文章のみ)


コメント

無事に到着したようですね!よかったです。

お天気が心配だけど、楽しんでくださいね。

お義兄さん、お義姉さんにもよろしく
お伝えください☆

なっちゃんありがとう。
尚美達も何とか慣れて来たようです、なっちゃん達も来れたら良いねと言っています。

思ったより雨が少なく、天気は曇り空が多いです、暑いところに陽がさすと、皮膚が痛いくらいになるので曇り空の方がベストです。市内観光をしていますよ。

コメントする

今日:today  昨日:yesterday  累計:total