« 充実したカンボジア | トップ | カンボジア国立博物館 »

2006年08月07日

初体験マッサージ

昨日六日のブログです。
日曜日とあって婿殿も一緒です、昨日のゴルフの疲れと、連日の市内観光と買い物で、お疲れ気味かもと、今日のお出かけは十一時半にしてくれました。朝食は同じ時間帯ですが、その後ゆっくりとする事にしましたが、私はパソコンの前で悪戦苦闘です。思うようにはいきません。

息子からもスカイプが入りました、なんで出来ないのか不満のようです。せっかくの内容に写真がないのは寂しい、その通りです。なんとかしたいのですが今のところ記事アップするのが精一杯です。

昼食にと外に出ましたが、地元の店は吟味しないと、お腹を壊すとの事でやっぱり、日本料理関係のお店を探しましたが、日曜日とあってお休みが多く、三軒目でようやく入ることが出来ました、『神戸鉄板焼』です。娘たちも初めてとのことでしたが、ここは大正解です、店内の雰囲気も店員さんも。


シーフードとステーキのランチを二人前ずつお願いしました。今までにないほどの本格的で手の込んだ焼き方には驚きました。シーフードもステーキも四人に取分けてくれて、それぞれの味を楽しむことが出来たのも意外でした。カンボジアはどこのお店でも十分な食事で料金も意外と安く大満足な食生活を送ることが出来ます。

先日カンボジアーナホテルで見た、可愛い絵を買いたくてお店に出向きました、作者の名前はステファンというカンボジアで有名な画家だそうです、カナダ人でカンボジアの人々の毎日の暮らしを、題材にした物を書いているんだそうです。記念に娘たちと同じサイズの絵を買うことにしました。

ゴルフは負けましたがもう一つ、ボーリングの対抗戦をする事にしました。ボーリング場も二カ所あるとのことでしたが一カ所は閉鎖されていました。訪ねて行ったボーリング場も十二レーン中、動いていたのは八レーンだけ、日曜日とあって混んでいて何時出来るか分からないとの事でした。

時間調整が必要なので三回目の足裏マッサージに行く事にしました。足裏も他にもあるそうですが今行っているお店が、親切丁寧で安くて気に入っているお店で、疲れたときに利用しているようです、このたびは頻繁に行くのでお店の女の子達が、又来たかと笑っています。

一時間ほどずらしてボウリング場へ戻ってみると、タイミング良くレーンが空いていました、ゲーム数ではなく時間での料金で、とりあえず一時間分の料金を払いました。対抗戦はなんと言う事でしょう、一時間追加料金を支払い二ゲーム投げましたが完敗です。ゲーム内容もさることながら、ボーリングのシステムには驚きました。

リターンテーブルの上にボールがいくつも置いてあってそのボールを適当に利用して投げるんだそうです、私は一つなんとか探してそれに決めたんですが、隣の男の子が使っちゃいます、手は真っ黒。ボールなんか拭いた事がないような感じです、そんなこと言ってもしょうがありません、条件はみんな一緒ですから。

私は今までの最低スコアで一度もストライクなし、ガーター四回で一ゲーム目六十六点。二ゲーム目もストライクなし、スペア二回で百三点でした。ボーリングの対抗戦で負けたことが無かったのに、ジンクスが破れました。掲示板で計算はしてくれましたが、スコアーペーパーはありませんでした。


今日:today  昨日:yesterday  累計:total