« 初体験マッサージ | トップ | カンボでの誕生日 »

2006年08月08日

カンボジア国立博物館

追い付きました今日は七日分です。
十時にドライバーさんを呼んで国立博物館に行く事にしました、車に乗ってみるとホテルから近い王宮の隣の建物が博物館でした、そう言えば、そそり立つ尖塔は重々しい風格があります。

館内は彫刻物が多く木製、青銅、石等で出来た彫像が沢山、細かな細工と重厚な趣がありその数の多さに驚きです。

今回は雨期との事で行きませんが、アンコール遺跡、と博物館は一対の物のようです、どちらを先に見るかは別として、後に残った方がとても気になります。娘達は三年位の赴任が念頭に有ります、その間に又来る機会が有ると思いますので、今度は乾季にアンコール遺跡へ行きたいものです。

プノンペンにはマーケットが沢山有ります、一度行きましたがロシアンマーケットに、このマーケットも凄いです。

迷路のような細い通路の両側のお店の数も然る事ながら品数の多い事、ここにも何でもあります。私はズボン二本で九ドル、別の一角にミシンが並び直ぐに手直ししてくれます、そのズボンの裾上げが二本で一ドル、〆て日本円で千二百円弱と、とても安いです。

女性陣がオイル全身マッサージに、との事でお店に立ち寄りました、男性もOKとの事で私も体験する事にしました、裸になり布の筒で身を包み、全身にオイルを塗りながらマッサージ、足裏だけでも気持ちが良いのに、全身はとてもリラックスします、五十分程で九ドル日本ではとても体験できない事ばかりカンボジアは男性にも天国です。

午後からは夕食まで自宅でまったりタイム、私はこの時間を利用してパソコンの前、カンボに来てから休む暇が有りません。夕食は初めて三人で歩いて韓国料理VIPに行こうと思っています、余りの美味しさにリピートです。ホテルの窓から特徴の有る、尖塔はあちらこちらに見えます、この尖塔がカンボジアの国風で、厳かで心が和みます。

七時半ホテルの左向かい側のVIPに、予想はしていましたが徒歩での夜の道路横断はとても怖いです、道路中央に芝生の分離帯がある大きな通りです、上り下りと二回、車列を横切らなければいけません、横断歩道は有りません。走ってもダメ止まってもダメ、車列の切れそうな時に、そろりそろりと車の前え、日本では考えられません。これを往復で四回無事に帰って来れました。


今日:today  昨日:yesterday  累計:total