« カンボでの誕生日 | トップ | カンボから帰国 »

2006年08月10日

婿殿お世話になりました

一日遅れ九日の分です。
とうとう帰る日になりました、カンボジアでの十日間、中身の濃い時間を過ごす事が出来ました。娘達がここで生活をしているからこそで感謝です。何処え行っても言葉が通じる事が最大、海外での生活は英語が出来る事で毎日を楽しくする。その事を改めて実感しました。

婿殿が積極的にスケジュールを考えてくれましたし、出来る限り行動を共にしてもくれました。昨日少しばかりのお礼を兼ねて、記念にサルスベリの様な赤い花の咲いた、植木をプレゼントしました、ベランダで鉢植えに。〆て七㌦だそうで、部屋のベランダの一角に置いて貰いました。婿殿は今日も三時半で早退して飛行場まで見送りに来てくれるとの事で、とても安心です。

私たちは三人で九時からロシアンマケットに、最後の買い物に出かけました。思ったより時間がかからず、昼ご飯の時間には早過ぎるので、お茶で時間を潰す積りでしたが、一時間も有るので足裏マッサージに行く事にしました。

これで何回足裏マッサージに通ったんでしょう、日本でもNZでも出来ませんから贅沢をさせて貰いました。

昼ご飯は娘のお勧めでお母さんの誕生日にと、豪華なインターコンチネンタルホテルでの飲茶。

ランチメニューで一人十ドル、注文して取り寄せる方式ですが食べ放題、ここでも美味しくお腹一杯食べました。ホテルに戻りスーツケースに荷物をパッケージ二つのスーツケースが一杯になりました。

四時十五分飛行場に向けてホテルを出ました、途中相変わらずの交通量、オートバイの我が物顔も然ることながら、縫製工場からの女性達の帰宅時間(三交代二十四時間体制)に遭遇凄い人数です。

この人数が二十四時間縫製作業、衣類が安い訳です。トラックの荷台に三、四十人が立ち乗りで平気、やっぱりこの国の交通規則が分かりません。

三十分程で空港に、ここから先は出国者と関係者以外は入れません、娘とはここでお別れです。

娘とドライバーさんがガラス窓の外から手を振ってくれています、お別れです。カンボジアからベトナムそして日本にと長時間の移動になります、明日朝七時二十五分成田到着予定です。


今日:today  昨日:yesterday  累計:total