« 大事な金魚が | トップ | 一人で釣りに »

2006年10月04日

親切なお国柄

夏時間になった水曜日、これから毎週夕方三時からトワイライトゴルフは格安の値段で回ることが出来ます。それはこれからの楽しみとして、今日は金曜日から日本に一時帰国する松浦さん達と午前中ハーフだけのゴルフを楽しんできました。

私たちは四人、その後の組が一人で回って来て、追いつかれましたので、次のホールでお先へどうぞと、ショートホールで伝え、若干時間が開くので私が写真を撮っていたら、パッティングを終えたキューイの方が、四人で撮ってやると会釈、お願いすることにしました。

2006_1004_065129.jpg

一枚とった後スマエル、スマイルと自分から笑顔。それを見て皆が笑う、そこをうまく撮ったのがこの一枚、いい笑顔の写真が出来ました。気さくに自分から声をかけてくれるニュージーの人は皆さんいい笑顔をした方ばかりです。

2006_1004_084301.jpg

帰ってみると我が家のボートスペースのコンクリートの上に芝刈りの車が作業中、家では頼んでないのにと思いきや、向のジョンの家の芝刈り屋さんでした。おおらかです、にこっと笑っただけで悪びれもせず、自分たちの与えられた仕事をしてさっさと引き上げて行きました。

この気さくさがニュージーの人柄なのかもしれません。先日のゴルフ場での芝刈りの運ちゃんと言い、今日写真を撮ってくれた方と言い、会えばほとんどの方が笑顔で会釈、声をかけ挨拶をしてくれます。親切でとても優しいお国柄です。


コメント

うちの息子もラグビーがやりたくて、オーストラリアやフィジーなどへの留学を希望していたのですが、さるNZ留学経験者から「キウイーは日本人の国民性に非常に似ているから、留学するならNZがいいよ」とアドバイスを受け、CHCHに紹介して頂きました。
12歳で留学させるのはかなり不安でしたが、去年1週間ほど滞在してみて「これなら子供でも安心して手放せる」と確信しました。
実に大らかで、のんびりしていて、なにより安全で。
かえって日本に戻って来る日の事が不安になってしまうほどです。
ホントに治安の悪い国になってしまいまましたね。今のニッポン。
今度の新総理のテーマが「美しい国 日本(ニッポン)」ですって。
桜の花びらがハラハラと散る中、戦場に送られるようで、背筋がぞっとするんですが、支持率はそこそこのようで、ますます恐ろしい世の中に。
巧妙に戦前の統制社会に改悪されてきているように思えてなりません

コメントする

今日:today  昨日:yesterday  累計:total