« 沖縄旅行三日目(見所沢… | トップ | 沖縄旅行五日目(人生の… »

2006年12月09日

沖縄旅行四日目(得意な木工作業)

十二月五日です
今日が四日目沖縄旅行も今日一日で終わり明日は帰る日です、風もやみテラスで朝食、天気が良く気持の良い沖縄の暖かい穏やかな朝を迎えました。

庭前の藪から枯れ木を捜して何かオブジェを、そして下のビーチから流木を探してランの鉢を作る事を考えて、宿下の海に出てみました。白い砂浜に打ち上げられた流木を探しながら散歩、海はやっぱり綺麗です。

お世話になったのでその他に、何か出来る事が有ったらと尋ねたら、ブーゲンべりアの支えを作ってほしいと。現物は公園にあるから行って見ようと下見、太いパイプで傘を作り傘の上から溢れ出る花を楽しむ様な感じでした、これは大仕事です。

私が加工出来るのは木材、早速材料集めにホームセンターへ、エモちゃん宅には大した道具が無いので、何とかイメージしたものに必要な部材と工具を調達、最低必要な電動ドリルは有るとの事でそれが頼みの綱、木材加工はエモちゃんの家を建てた棟梁にお願いして、工場の加工機械を使わして貰う事になりました。

工場に行って見たら本格的な電ノコ、カンナ、幅カンナの三点セットの大型機械が一台、何とか使いこなせそうです。

ブーゲンベリア三ヵ所分の材料を手分けして採寸、カットの準備です。

斜め切りも溝堀も電ノコ刃に、目見当であてての作業、何とか上手い事カット加工が出来ました。

加工に時間がかかりましたが、材料が全部揃いました。

二時過ぎからの接合作業です。三人がかりの作業も頼みの綱の電動ドリルが小さ過ぎて木ねじが回らない、焦げ臭い匂いを発しながら騙しだましの作業も最後は火を噴きダウン。

最後の締め付けは手作業、手の掌に豆を作りながら、やっと夕方薄暗くなる頃に補強の支えを残し三ヵ所を完成です。

枯れ木を組み合わせてランを掛けるオブジェは出来ましたが、電気ドリルがダメになった事で流木を使ったラン鉢は断念、作り方だけアドバイスして、お任せする事にしました。

夕食は名護まで出て地元料理のお店「はなおり」でカキフライ、ゴウヤチャンプルそして爪楊枝に乗せて頂く幻の珍味、とうふよう、と盛り沢山の沖縄を満喫、人気者の看板娘が玄関までお見送り沖縄の優しさをまたまた体験です。


今日:today  昨日:yesterday  累計:total